2015年 03月 26日

《番外編》グレーほっかむり美猫の旅立ち!

前回の予告から5か月凍結…
もう誰も見てる気しないけれど、UPします!

あたしに免じて!
d0139236_17102172.jpg


ずっと体の固まりと痛みでパソコンをほとんど扱えずにいましたが、
やっと薬の効果が出てきたので、いまがチャンスとパソコンに向かっています。

それに!
ヘッドマイクを鶴見さんに買ってもらったので、
これで音声入力ができる!!

ということで、予告通り、『グレーのほっかむり猫 夏姫(なつき)』です
↓ ↓ ↓

うしろ姿から失礼~
d0139236_16491778.jpg

現在我が家は猫の預かりボランティアをしていて、
私たちはお預かりする猫については、お任せしています。
つまり、毎回どんな猫ちゃんが来るのか知らない。

なので、なっちゃんを迎えたときも
どんな子かわかっていなかったので、
ボランティア団体の方が連れてきたなっちゃんを
初めて見たときの衝撃と言ったら!

反射的に「キャワイイーーーーーッ」とキモイ声をあげてしまったほど!
ひげ面濃い面の鶴見さんがあげた黄色い声には勝てませんけど。

「グ、グレーの子って暮らしたことないよ、俺…」
「た、ただのグレーじゃないよ、グレーをかぶってるよこの子、すごいよ、すごいよ…」

こそこそ話す私たち。

会った瞬間から私たちを虜に、
いや奴隷にしてしまった目の前の超絶美人猫は
「夏姫(なつき)」という名の4歳のレディでした。

よろしくね!
d0139236_1635086.jpg

その後、我が家では「なっちゃん」「ナツコ」と呼び名が変換された夏姫。

なっちゃんはデリケートに見えて、
物怖じしないまっすぐでキュートなレディ。

ステイ中の子はトイレを分けているのだけれど、
いつからかうちの子と同じトイレを使い、
それをうちの子もまったく気にしていなかったという(笑)

初めのうちは、なっちゃんに何かあったらいけないので、
猫部屋にいてもらった時期もあったけれど、
私が病院に行っている間に、
頑丈に作った(つもりだった…)格子を破壊し、
リビングのソファで堂々と寝ていた姿を見たときから、
完全にフリーにしました。

やったわ!
d0139236_1765345.jpg

そのおかげで(格子をぶっ壊してくれたおかげで!)
うちの猫らともすぐに仲良くなってくれて、
見ているこっちが本当に幸せを分けてもらっていました。

なかなかの甘えん坊で、
いつも私を呼び、いつも触れていたがって、
こうなると家族みたいで
お別れがとにかくとにかく!しんどかったけれど、
本当の家族に出会えて本当によかったね、なっちゃん。

ギリギリまで甘えるわ
d0139236_1724172.jpg

夏姫の好きなところはモリモリあるけれど、
いつもご飯前に走りながら
「ホギャァホギャァホギャァ!」
ってまるで新生児のような特殊な声は最大の魅力
だと思う。

あの鳴き声は動画を撮っておけばよかった!とちょっと後悔…
でも猫の食事準備中にそんな余裕は…ない orz
まんま新生児声だったので、ご近所さんに勘違いされているかも (;´ρ`)


今はもうすっかり里親さんの家族として幸せを掴んでいるんだろうな、なっちゃん ((*´∀`))。本当に本当におめでとう!!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ



通常版、『男・大吉』も読んでくださいませ!

はじめましての方はコチラからどうそ⇒
《1》 赤い猫

emoticon-0171-star.gif写真をクリックしてください^^emoticon-0171-star.gif
↓ランキングに参加中♪
大吉の命の姿を、多くの人に知ってもらえたらと思っています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ


[PR]

# by acchan-man | 2015-03-26 17:41 | ご挨拶・その他の話
2014年 10月 29日

《イイワケ編》 猫のダブル手術と人間の血○ん

これまたすんごくお久しぶりです。

なんと愛猫たちがエライことになってました・涙

なんとなんと、たった2週間の間に2匹から別の病気が発見され、
それぞれ手術!

はるまき と福多朗なのですが、
どちらも手術はうまくいき、今は再発が起こらないようにケアしたり祈ったりしています。


そしてなんと、私にも試練が… 涙々

春から悪化していた体調がみるみる崩れていき、じたばたしていました。
(というかしています・汗)

みるみる崩れているのには理由があって、
ずっと服用してきた強い薬の副作用に、
もう逆にヤラレそうなほどしんどかったので服用をやめました!

以前から副作用には悩まされていましたが、
中でも特に吐き気、血便がきつくてヘロヘロになってしまう始末。

しまいには、週一で服用するその薬を飲むと、
血便の下痢が3.4日も続くというのが一ヶ月以上起こりつづけ、
(そうなると月の半分以上血がぴーひゃららな状態…)
最終的にその症状がまるまる一週間続き、
その状態がとまらないまま次の服用日になってしまったので、
「これ、だめなやつだじゃん orz」
と見切ったのです。
吐き気も辛かったし、何のための投薬かわからなくなっちゃったし。

もちろん病院の先生には相談済。
ーで、その薬が体から抜けた今、暴れだした持病にやられていまーす(遠い目)


自分、猫の通院の日々と痛む体のストレスや不安の中、
もともと不器用な私は、『男・大吉』を休みました。
優しかった祖母との永久の別れもあり、
息が続かなくて。

大吉ブログは私の大切な宝物なので、
ちゃんと自分の気持ちと向き合って書くと決めているので
読んでくださっている方にはいつもご迷惑をお掛けしてしまってごめんなさい!

ちゃんと理由をお伝えしたかったので、
こんな感じで今日は自分のことも綴ってみました。

ここまで読んでくれたみなさま、ありがとうございます!!


さてと、それでは大吉の続き…の前に、
現在 我が家にステイ中の美人ちゃんを次回は紹介します!
もう嫁入りは決まっているのだけど、美人なので自慢させてください(笑)

ちょっとだけ~
d0139236_19525017.jpg


可愛いと思ったらポチしてくださいな!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

******************************************************


そ・し・て!
良かったら大吉の復習はこちらです(笑)

一話から読みたいという方、はじめましての方はコチラからどうぞ^^《1》 赤い猫

emoticon-0171-star.gif写真をクリックしてください^^emoticon-0171-star.gif
↓ランキングに参加中♪
大吉の命の姿を、多くの人に知ってもらえたらと思っています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

[PR]

# by acchan-man | 2014-10-29 18:01 | ご挨拶・その他の話
2014年 08月 15日

《募集★》鳥のように鳴く美猫を紹介します

久々の更新ですが(頸椎ヘルニアが悪化してるんです、許してください・涙)、
今日は天使のようにかわいい猫くんの里親募集記事を書きます!


ああ優雅でうっとり
d0139236_1244815.jpg
三郎。
推定三歳。
ウイルス検査陰性
食欲、トイレ問題なし
詳しくはこちらをクリック☆

我が家でステイを始めてまだ2週間もたっていませんが、もののすんごくいい子。
とにかく一緒に暮らしやすい猫ちゃんかと。

外見は見ての通りかなりの美猫ですが、この子の本当の魅力はその中身。

一見大人しそうだけれど人間大好きで
まだまだ甘えるのが大好きな三郎は
目が合うとまるで仔猫のような声で小さく可愛いく鳴きます
ときどき何を思ってか発するちょっと大きめ声は
(それでも普通の子の不安鳴きやご飯コールより小さい)、
外国の鳥のような変わった声で、とっても魅力的
(頑張って声を表現すると、「アーウ、オーウ、ヘーーーイ?」といった感じ)


d0139236_12122798.jpg
疑問系で「アー?アー?」と語尾をあげる声もキュート

オモチャで遊ぶのが大好きで、ジャンプ姿は可憐~。
ふわふわなしっぽが空中を舞う様にウットリ(*´-`)

三郎はとにかく人間大好きっ子なので
たくさん話しかけてたくさんなでてあげると
あっという間に仲良くなれるはず!


我が家に到着して30分後には横だおれしてくつろぎモードでした。

長毛なので、こまめなブラッシングは必要です。

実は長毛の猫ちゃんと暮らすのが
始めてだったわたしは
「抜け毛対策にするこまめなブラッシング…
めんどうくさいっす…」と
密かに思っていたズボラ女ですが
これがやってみたらまったくそんなことなかった!!

毎日撫でるときにブラシを使うようにすれば
三郎も喜ぶし、抜け毛もだいぶ減るし、
何よりいいコミュニケーションがとれて毎日欠かせない楽しい時間になりましたよ。



そして、先住の猫らとの関係については、怯えず威張らず穏やか

わが家の場合、基本的には部屋を分けていますが入り口のドアは開放したまま。
ただ部屋の前までくればお互いを確認できるようにと、格子で仕切っています。
遊ぶときは一緒に遊ばせたりと、臨機応変にやっています(●´3`)~♪ 

うえええ~~
d0139236_12302485.jpg


三郎は、甘えるときに軽く甘噛みをしてくるときがありますが
軽く指をくわえてきたらこちらから手を出さないようすれば襲ってきたりはしません。
大好きなオモチャで遊んでいるときもで、決して爪は出さない子です。
甘噛みとはいえ、しないようにトレーニング中ですが、今のところまだやっています。

本当に綺麗できらきらしている三郎!

百の話を聞いてもらうよりも、実際に会っていただけたらその魅力に気づいてもらえるはず!

三郎は、ねこけんさん主宰の里親会に参加します。
詳しくはこちらをクリック☆

もしかしたら緊張のあまり、可愛い声をだせず、
チャームポイントのふわふわしっぽもしまったままになってしまうかもしれませんが
よかったら三郎含め、温かい家族が迎えにきてくれるのを待っている子たちに
会いにきてくださいませ。
お問い合わせ、詳細についてはこちらをクリックしてください☆(ページ飛びまーす)

大好きな三郎に温かい家族が見つかりますように。
最後まで読んでいただきありがとうございました!
***************************************


『男・大吉』 はじめましての方はコチラからどうそ⇒
《1》 赤い猫


emoticon-0171-star.gif写真をクリックしてください^^emoticon-0171-star.gif
↓ランキングに参加中♪
大吉の命の姿を、多くの人に知ってもらえたらと思っています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

[PR]

# by acchan-man | 2014-08-15 12:42 | ご挨拶・その他の話
2014年 08月 01日

《79》失敗は繰り返される

◎ココまでの過程◎
大吉との心の交流を感じたことで、自分をコントロールできるようになった私。
強制給仕のときの私の気持ちが安定していれば、大吉にとことん向き合えば、うまくいくのだった。
はじめましての方はコチラからどうそ⇒
《1》 赤い猫
--------------------------------------------------------------------------
仕事が忙しかった鶴見さんのつかの間の休日のこと。
この日は鶴見さんにとって、大吉とゆっくりふれ合える幸せな休日になる…はずだった。

誰かさんの代わりに土下座で謝罪中
d0139236_12192261.jpg


「よーし今日はお父さんがご飯をあげちゃうよー大ちゃん!」

なかなかの浮かれ具合で、指先が器用な鶴見さんがシリンジを手に取った。
クリニックでもその器用さは披露していて、
何度も練習に通っていた私なんかよりもずっと上手だった。
なので特に気にせず大吉の強制給仕は鶴見さん任せることにした。
だから私も少し離れたところから、気配を感じとるように大吉のゲージの掃除なんかをしていた。

始めは嬉しそうに話しかけながら大吉の世話をしていた鶴見さんだったが、
次第に口数は減っていき、なんだか嫌な空気が発生し始めてきた。
不安になってそうっと目を向けてみると、ああやっぱり!
ご機嫌だった鶴見さんの目が死んでいる…
大吉はいやいやを始めてしまっていた。

私が強制給仕をする時には、あれから大吉はまったくやいやをしなくなっていた。
しかしそれとこぼすことがないかというと話は別。
リフティングのように舌が動くようになったのだから、こぼれてしまうことも、
勢い余って飛んでしまうことだってあるのだ。
たぶん鶴見さんがシリンジからご飯を口に入れたときに、
舌の活発な動きでご飯が落ちてしまったのだろう。
もしかしたらいつもの私とは違う抱え方になってしまう分、
大吉はさらにコントロールがうまくできなかったのかもしれない。
そんな感じで続けて失敗したことで、いつの間にか鶴見さんはイライラし
、それを感じた大吉のいやいやが始まってしまったようだ。

仏のように優しく見守る はるまき
d0139236_1220819.jpg


実のところ、私はなんとなくそんなことが起きそうな予感を感じていた。
鶴見さんは実はすごく気分屋で、
子供みたいにすぐにむくれるという やっかいな一面がある。
さらにその気分を切り替えられずにいつまでも引きずる。

かえってくるであろう返事はわかってはいたけれど、死んだ目になった鶴見さんに声をかけると、
「大吉がちゃんと食べない。ご飯を入れても全部吐き出して全然進まない」
とうんざりとした口調で言った。 

私は相手が動物だからという理由で、目の前の動物の前でその子が傷つくようなことや悪口、
病気が悪化したことなどを話さない。
普段は声をかけているのになぜそんなデリカシーのないことをするのだろうと思ってしまう。
だから、今までもうちの猫たちの前で話さないでほしいことを鶴見さんが口にすると、
「この子も聞いてるかもよ」と注意をしていた。

それにしても今回のはひどくない?と私は嫌な気持ちになったけれど、
優先順位は大吉のケアであるし、鶴見さんにも
理解してもらいたいことだったので、私は自分の気持ちは押さえて、
大吉との時間を楽しんであげてみてほしいということを改めて伝えた。

しかし面白くなかった鶴見さんはなんと現場放棄!
これでは、大吉より手がかかるんじゃないの?と呆れられても仕方ないだろう。
鶴見さんも仕事で疲れているだろうけど、私体調悪いのよ…。
結局掃除も強制給仕もきっちり3回全部私がしてこの日は終了。

「よーし今日はお父さんがご飯をあげちゃうよー大ちゃん!」
これは空耳だったのかもしれないね、大吉。
鶴見さんのいないところでそっと大吉に悪口を聞いてもらおうかな。
それとも大吉の分の復讐として、聞こえるように大声で話すか。

大吉の小さな頭をなでながら、こんなことをつぶやいていたら、
大吉が表情も変えずに すかしっ屁をした。
ちょっと~!復讐の相手を間違えないでほしいんですけど、大吉!

きっとバツが悪そうにこっそりと大吉ところへ謝りにくる男がいると思うから、
その時は優しく聞いてあげてね。
でもくれぐれも、今より強烈な一発は忘れずにね!!



emoticon-0171-star.gif写真をクリックしてください^^emoticon-0171-star.gif
↓ランキングに参加中♪
大吉の命の姿を、多くの人に知ってもらえたらと思っています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

[PR]

# by acchan-man | 2014-08-01 12:33 | 大吉の歩み
2014年 07月 20日

《78》言葉は通じる

◎ココまでの過程◎
思い通りにいかない介護に苛立ってしまった私。
どうすればうまくいくのか、大吉のサポートができるのか。
また一つ大吉に教り一緒に進んでいくのだった。
はじめましての方はコチラからどうそ⇒
《1》 赤い猫
--------------------------------------------------------------------------
(こんな画像しかない…)

d0139236_14341746.jpg

「くっ、臭いっ!!」
今日も強烈な臭いで目覚めた。

ベッドで眠る私の真横に置かれたケージの中で、今朝も元気に大吉が運子をしたのだ。
「すごいねー大ちゃん、立派な運子をするようになったねー」
と大吉の頭をぐりぐりと撫でまわしてから、
まだ半分しか開かないうつろな目のままケージ内の片づけをする。
大吉は運子をしたあと、まるでさっさと片付けろとせかすように大声で鳴く。
いつもは子供のささやき声のような大吉から、野太く力強い声がして、
そのギャップがなんだか可笑しい。

そんな大吉のからだは思うように自分で動かせないし、意識もまだまだもうろうとしている。
そのせいなのかはわからないけれど、大吉はトイレをトイレと認識していなくて、
砂の上で横たわっていたり、トイレの外で用を足してしまうのだ。
けれど事故にあっても内臓が無事だったことが本当に嬉しかったし、
運子くらい好きな場所でどうぞ、と思う。
でもなぜにいつも早朝なんだろう?
眠るのが大好き人な私にとっては、それがちょっと、ちょっとだけ、しんどいの…

ケージも大吉の体もぴかぴかに拭いたら、換気をして、
はるまき とちまき のご飯や朝のもろもろを大急ぎでこなし、大吉のご飯タイム。
先日大吉へきつい言葉を浴びせてしまったあとから、
私は大吉といるこの時間のありがたさに改めて気づくことができた。
今はどんなに大吉のご飯に時間がかかってしまっても、
平常心でいることができるようになったのだった。

相変わらず元気な舌をくいくいと動かすその様は、まるでリフティングのよう。
自分の舌を自分でコントロールして自由に食べたい気持ちからか、
口に入れたご飯を舌でとらえて食べようとするが、思うようにできない。
ご飯が舌の上をころころと転がったり、ポンポンと跳ねてはまた戻ったり…
諦めず舌を動かす様子が、本当にリフティングをしているようで、すごく疲れそうだ。
頑張れ、頑張れ大吉。心の中で応援するがなかなかうまくいかず、
最後には水分を多く含んだご飯が、大吉のからだや私の太ももを汚したり、
べちゃりと音を立てて床に着地したりする。
その音が耳に入ってくるごとに、大吉が傷ついてそうで、
私の胸が締め付けられてしまうのだけれど、
それでも私はすべてを味わって、大吉と向かい合って、この幸せを見失わないでいた。
私がその姿勢でいる限り、大吉も頑張ってくれて、私が「幸せ」と口にする度に
大吉が落ちつきを取り戻すことが別に不思議ではなくて、やっぱりね、という感じだった。
大吉がいやいやをする原因は、先に私が苛立ったから。
大吉はそれに敏感に反応しただけなのだ。
私が幸せを心から感じていれば、大吉は安心して食事をしてくれるのだった。

大吉が舌を使いだしてから、床に落ちる分も計算して食事量を多く用意し、
今まで以上に時間もたっぷりかけるようになった。
はるまき とちまき の嫉妬がやや心配であったので、2匹にもたくさん語りかけるいようにしていた。

しっかりと食事ができているので、排泄はばっちり。
しかしまだ自力で立つことがあまりできず、立とうとしてもいつも開き気味の前足が
そのまま前方へ滑って倒れてしまう。
でもこれから。
私の中に不安はない。
大吉と暮らすと決めてから、死が目の前まで迫ってきたときも、悲しい未来を突き付けられても
進もうと選んだ道はかわっていない。
ちょっと小石につまずいてしまうことくらいこれからだってあるだろうけれど、
大吉と並んで進むのみ!
まだまだこれから!



emoticon-0171-star.gif写真をクリックしてください^^emoticon-0171-star.gif
↓ランキングに参加中♪
大吉の命の姿を、多くの人に知ってもらえたらと思っています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

[PR]

# by acchan-man | 2014-07-20 14:51 | 大吉の歩み